FC2BBS

15964
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/09/20 (Wed) 08:46:56

豪徳寺風景づくりの会の花形静雄さんから送られてきました。行ってみようと思います。

『ミドリ楽団』関係者は? - 北沢川文化遺産保存の会

2017/09/18 (Mon) 22:21:00

 フェイスブックで『ミドリ楽団』の最後はどうなったのかという問い合わせがありました。

 私もこの顛末は気にかかります。当事者に話を聞いて、ネットに記録できればと思います。

 ミドリ楽団の最後のメンバーもしくは関係者おられませんか?

世田谷のダイダラボッチを歩く - 北沢川文化遺産保存の会

2017/09/10 (Sun) 09:09:24

第131回 9月16日(土) 午後1時 田園都市線 駒沢大学駅改札前
 案内人 きむらけん (新企画)世田谷のダイダラボッチを歩く
コース:野沢旧五輪道路→鶴ヶ久保公園(駒沢ダイダラボッチ)→連合艦隊司令長官旧居→明大野球場跡→安藤輝三大尉旧居→中里色街跡→山田風太郎旧居→世田谷変電所跡→大村能章旧居跡→三好達治旧居跡→萩原朔太郎旧居跡→武満徹旧居跡→帝国音楽学校跡→代田のダイダラボッチ跡→新代田駅 

◎申し込み方法、参加希望、費用について 参加費は各回とも550円(資料代保険代)
 参加申し込みについて(必ず五日前まで連絡してください。資料部数と関連します)
  電話の場合、 米澤邦頼 090-3501-7278
  メールの場合 きむらけん k-tetudo@m09.itscom.net FAX3718-6498

Re: 世田谷のダイダラボッチを歩く - 北沢川文化遺産保存の会

2017/09/14 (Thu) 22:19:28

16日の天気は、当初は晴れだったが、台風の影響で悪くなてきている。土曜の午後は雨の可能性が80パーセントとなった。明日の朝確認をして場合によっては中止の可能性あり。

Re: 世田谷のダイダラボッチを歩く - 北沢川文化遺産保存の会

2017/09/15 (Fri) 16:15:46

やはり台風の余波の影響を受けて16日午後の降水確率が高くなった。ダイダラボッチ探訪、雨天決行というほどのことまでないので、中止とした。

富士講 part.2 - きむらたかし@三田用水

2017/08/27 (Sun) 11:29:41






















part.1が巨大になってしまったので…

[まずは…]
8月20日発行の町会のミニコミ誌に投稿した、part.1 の超要約の原稿から。

Re: 富士講 part.2 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/27 (Sun) 14:12:33

わがまち ふるさと まだ続いているのですか?

なぜかNO3号が手元にある、貴重品なんだ。

Re: 富士講 part.2 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/27 (Sun) 14:18:08

[おおっ…]

区長が大場さん
事務局が「第九出張所」!
(よく住民票をとりにゆきました。なつかしい。)

たしかに、貴重品ですね、これ。

Re: 富士講 part.2 - きむらたかし@三田用水

2017/09/12 (Tue) 20:45:16

[今=2017/09/12 20:34]

yahoo auction
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c617613870


「4◆富士山神系御山絵図◆富士講 富士信仰 木版 手彩色 江戸後期~明治初期頃 川口御師 河口湖 浅間神社 神道 北口◆掛軸/古文書/摺物/刷物」

なるものが出品されているのですが…

¥1,000スタートで残り2時間で¥32.500!

富士信仰とか富士講に興味を持っている方がいかに多いのかがよくわかります。

多分4万円超えでしょうから、とても「手が出ません」けど、詳細な画像が多数ありますので、見るだけでも見ておくことをお奨めします。

真実味を帯びるジンギスカンの義経伝説 - うさぎ777

2017/09/12 (Tue) 19:00:36

真実味を帯びるジンギスカンの義経伝説

http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p045.html#page296

秘密だが公的なものがあった徳川幕府の将軍の歴史。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://park.geocities.jp/j_con4/0104/p044.html )

( 個人的意見 )

「東京聖三一教会」パイプオルガンコンサート - きむらたかし@三田用水

2017/09/12 (Tue) 11:33:47

池ノ上の「東京聖三一教会」パイプオルガンのランチタイムコンサートのお知らせです。
お時間があれば、お昼のお散歩にいかがでしょうか。

代沢小全景写真 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/04 (Fri) 09:46:51

代沢小は今は壊されてありません。時期はといません、全景写真を持っておられる方、おられましたら当方に連絡ください。地方テレビ局が鉛筆部隊のことを取り上げたいとのこと。
全景一枚で結構です。

Re: 代沢小全景写真 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/04 (Fri) 18:50:21

[そのローカル局さんは…]

世田谷区郷土資料館
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00138265.html
にコンタクトを取られたほうがよいと思います。

池之上小学校の、昭和38年3月刊行の卒業アルバムには、結構鮮明な空中写真があります。

後発の「池小」ですらこうなのですから、ほぼ同時期から代沢小の卒アルにも、同様の写真が使われていたと思われます。

(冒頭のは池小のS38卒アル写真)

Re: 代沢小全景写真 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/04 (Fri) 20:40:07

ありがとうございます。
とりあえず四月にあった校舎お別れ会のときの写真が出てきましたので、これを送っておきました。放送時間が10分程度ですのであまり細部にこだわらなくてもいいように思いました。
 とりあえず問題は解決しました。ありがとうございます。

Re: 代沢小全景写真 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/07 (Mon) 13:41:25

[写真はありませnでしたが…]
戦時中の学校のイラスト版の見取図がありました。

「代沢小学校90周年記念誌」S45ころ刊
世田谷区郷土資料館・蔵


Re: 代沢小全景写真 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/07 (Mon) 14:48:15

手元の120周年記念誌に写真ありました。

Re: 代沢小全景写真 - きむらたかし@三田用水

2017/08/07 (Mon) 18:18:47

[↑の写真…]

初見です、すごい!!

 ところで、キャプションに「撮影方向」の記載ありませんでしょうか?

 ↑↑のイラストマップと素直に対応させると、北東方向(↑↑のマップの左下)から撮った写真のように見え、そうなると、画面手前の塀とフェンスの手前が「里俗・森厳川」ということになるのですが?

Re: 代沢小全景写真 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/07 (Mon) 18:29:17

写真をどの方角から撮ったかの注記はありません。二枚の写真が並べてあって、こちらは上の方の写真です。

Re: 代沢小全景写真 - きむらたかし@三田用水

2017/08/08 (Tue) 03:13:36

[2枚ともに…]

昭和7年というのはおそらく誤りでしょう。西側の南北方向の校舎が2枚目のにはなく、1枚目のにはあるので。

よく目にする2枚目の方が昭和7年撮影というのは、手前の橋場橋の工事の時期(と、いうより、この写真は、あくまで北沢川(用水)改修工事の記録写真であって、代沢小は「たまたま写りこんでいただけ」なのではないかとも思われます)から割り出したものと思われます(つまり、南西方向から撮っていることになる)。

となると、1枚目のは寄棟の校舎の位置から判断すると、南東方向からの写真ということになりますが、そうだとすると、校庭の南東端の手前、灌木の向こうに見える欄干は、代沢橋ということになります。
この橋は昭和7年当時にはなく、架けられたのは早くとも昭和10年ころです。

Re: 代沢小全景写真 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/27 (Sun) 14:13:15

[すっかり…]
忘れてました。

代沢地区のミニコミ誌「みにこみ7」の133(2015年4月)号
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/166/2302/2320/2377/d00013508_d/fil/133.pdf
に、昭和21年の大火当時の平面図が載っています。

本日はお騒がせいたしました - きむらたかし@三田用水

2016/06/18 (Sat) 20:32:04

〔1・2年に一度出る症状なのですが…〕

塩分不足も重なったようですが、毎度のことながら、CT,心電図,血液検査ともに取り立てて異状なし、とのことで、先ほど無事戻ってまいりました。
いろいろご心配いただきありがとうございました。

で、今日お約束した、2009/01/24に今里地蔵のお堂の扉が開いていたときの、お地蔵さんの映像です。


Re: 本日はお騒がせいたしました - 北沢川文化遺産保存の会

2016/06/18 (Sat) 20:51:20

いや、よかったです。みなで心配していました。ともあれお大事に。

今里地蔵の… - きむらたかし@三田用水 URL

2016/06/19 (Sun) 09:02:38

〔クローズアップ〕

「よだれかけ」のためよくわからないのですが、座像だとするとプロポーション的に不自然はないのですが、立像の断片つまり上半分の可能性もあると思います。

ブログ「水の行方を追って」の
http://wanjin.blog.fc2.com/blog-date-20150304.html
によると

この今里地蔵は
1)現在の上大崎周辺の「五反田田圃」にあったものを高輪台交差点周辺に移した
2)その後、桜田通り拡幅のために現在の場所に持ってこられた
とされています(ただし、出典不明)

このうち
2)については、
 現在地は旧今里村内であり
 「高輪台交差点周辺」のうち、北寄りであれば一応旧今里村内と考えられる
 ので、あり得る話ですが、

しかし
1)については
 もともと地蔵は塞ノ神でもあり
 http://baumdorf.my.coocan.jp/KimuTaka/HalfMile/Hokora.htm
 (もう一つの主要な用例は、幼くして死んだ子供の墓石ないし供養塔)
 いずれにしても、村あるいは村内の集落(小字・小名)の境界に設けられるのが原則で、移動させるとしても、他村に持ってゆくことは、まずあり得ないことといえます(「2)」の移動は別の情報によれば戦後とされていますが、それでも上記のように「旧今里村」の村内での移動です)。

 これに対し「1)」を無視して「高輪台交差点周辺にもともとあった」というのであれば、ここは、北の今里村、南西の上大崎村、南東の白金猿町の「塞」にあたるので、得心が行くのですが。

昨日の… - きむらたかし@三田用水 URL

2016/06/19 (Sun) 10:31:30

〔目黒川御成橋からの放水〕

主として城南地域から出た水を再生して流しているようです。
前週の下見のときには見ることができなかったので、ラッキーでした。

今里地蔵の由来 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/26 (Sat) 19:45:01

[信憑性の高い…]

データがでてきましたので「流転のお地蔵さん」について、多少解明が進みました。

https://mitaditch.blogspot.jp/2017/08/blog-post.html

会報134号 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/26 (Sat) 18:38:55

今日印刷して事務局に届けました。街歩きは一月の代官山を歩くまで入りました。

 二月、三月、四月、今日話したところでは、二月帝音、三月、品川用水取水口、四月、今年、車でのツアー好評だったことから、富士関係はどうか?との案。

亀有のタヌキ - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/17 (Thu) 11:52:21

〔下北沢X物語(3341)―日本偽汽車紀行 常磐線亀有3―〕
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52051389.html

亀有に鉄道が開通したのが、1896年。その、13年後の、1909年の、上野発の時間表です(赤丸が海岸線の列車)。

この時間表以外に、上りの旅客列車に加え、開通直後から肥料と米の輸送が、従来の舟運から、鉄道にシフトしはじめましたのでその貨物列車を加えると、密度はこの5倍くらいあったと思われます。

加えて、1901年に平まで伸長された後は常磐炭鉱の石炭輸送が始まっていますので、タヌキが列車の間合いを見つけるのは困難。というわけで、タヌキの偽汽車は19世紀中の出来事ということになりそうです。

それはさておき、三河島とか隅田川の貨物駅なしには、今の東北本線、上越線、山手線と重なっていた、上野―田端(当初)あたりは超過密状態になっていたでしょうね。

Re: 亀有のタヌキ - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/17 (Thu) 17:07:35

時刻表を見ると、確かに、狸の出番は難しいですね。
所謂、偽汽車は典型的なパターンがあるのですが、亀有の場合、化けた汽車が描かれないことです。音だけの登場というのが「日本偽汽車紀行」の中でもあまり類例がないのです。
(写真は向島多聞寺の狸)

Re: 亀有のタヌキ - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/17 (Thu) 18:51:14

[時間表をよくよく見ると…]

上野午後11時10分発、新宿同11時56分着

という、上野とか浅草界隈で「ヘベレケになったオジサン」専用みたいなスジがありますね。

絵本「ぼくのお嫁さんになってね」 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/16 (Wed) 19:48:37

[今日…]
2017-08/16の読売夕刊11面にデカデカと載っています。

 記事では、当然ながら、田中さんやけん先生にも言及しています。

Re: 絵本「ぼくのお嫁さんになってね」 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/17 (Thu) 16:56:03

長野県では、民放二局が取り上げています。
鉛筆部隊の田中さんはあちらでは有名人になっています。

 あちらの知人から「確かに時の人になりました。  SBC,NBS:TV その上読売新聞に出演」と。新聞出演というのも面白い……

帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/08/22 (Mon) 11:10:46

〔「母家」…〕
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52026052.html#comments
にも書きましたが


東京都公文書館のデータ
http://www.archives.metro.tokyo.jp/
によると…

東京都内の「帝国*音楽学校」については、3校分の記録があります。

1 大正06年認可 帝国音楽学校 牛込区所在
2 昭和02年認可 帝国音楽学校 荏原郡世田谷町所在
3 昭和14年認可 帝国高等音楽学校 世田谷区所在

なお、
1については、
 認可の記録しかなく、その後不可欠になるはずの「校長就任認可」などの記録がないので、実際に開校したかどうかは疑問です。

2については、
 昭和02年校長就任認可、03年校長事務取扱就任認可、04年と09年に学則変更認可の記録があること
 昭和05年の東京府荏原郡世田谷町全圖をみると後述の代田701に「帝国音楽学校」が記載されていること
 「音楽年鑑」楽報社/昭和03年・刊にも「所在地 府下世田谷町代田七〇一」「校長福井直秋氏…」などと具体的な紹介記事があること
から、実動していた学校であることはまず間違いありません。

3については、その認可前のはずの昭和12年発行の大日本職業別明細図にこの学校の名称が記載されていて、あるいは、事実上この名前を使っていたのを、学則をこれに合わせて改組した可能性もあります。ただ、当時は「高等」という呼び方に今ほどの「しばり」があったわけではありませんので、その程度のことなら、学則変更でも済みそうな気もしますが。

【以上「母家」】

さらに、国会図書館にある
大日本音楽協会「昭和16年度 音楽年鑑」共益商社書店・刊
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109457
をみると、

巻頭の広告では
 昭和7年創立 と学校自体が明記しているのですが…

本文中の記事では
 昭和2年4月創立。幾多の變遷を經て、昭和12年田村虎蔵校長となり…
 (なお、声楽の教授陣中に、民藝運動の柳宗悦の夫人、柳兼子がいます。すでに世界的といってもよい名声を得ていた声楽家ですので、この時点ではかなり「しっかりした」学校だったと思われます)

と、さらに事態がヤヤコシくなります。

いずれにしても Wiki に書かれている、昭和6年設立の「帝国音楽学校」は年鑑のデータを含めても「存 在 し な い」うえ、昭和6年が、いわゆる「節目の年」でも何でもないことになるので、まず、その記述の信ぴょう性自体を疑ってかかる必要があり、そのまんま、それを敷衍してゆくのはやはり危険です。

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/08/22 (Mon) 11:19:19

〔音楽年鑑S16の…〕
広告と奥付

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/08/22 (Mon) 11:55:44

〔音楽年鑑S03〕
「音楽年鑑」楽報社/昭和03年・刊 の方の
記事と奥付

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水

2016/08/22 (Mon) 12:05:31

〔「大日本職業別明細図 世田谷区」S12/12刊〕
世田谷中原周辺抜粋

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水

2016/08/22 (Mon) 12:13:41

〔「東京府荏原郡世田谷町全図」S05〕
世田谷中原周辺抜粋

Re: 帝国音楽学校 - 北沢川文化遺産保存の会 URL

2016/08/22 (Mon) 17:22:16

帝国音楽学校の創立が昭和2年4月、とすれば小田急開通を見越してのものだということになりますね。確かにウィキのはアバウトだと思います。

 ネットにはこの学校のことを調べている久保絵里麻さんのことが載っています。彼女には邪宗門で会ったことがあります。(明治学院大学大学院博士後期課程2014年修了 芸術学博士)
第二回研究会で話してもらおうかと言っていたのですが、連絡が取れませんでした。彼女、台湾で発表していますが、後ろに写されているのは帝国音楽院のマーク、それと二階建ての校舎だと思います。http://www.mg-geika.net/act02/conf/01.html

 鈴木禎一については全集があることを知りました。年譜で点検しようと思って目黒区の図書館調べましたが蔵書なし、ところが世田谷区にはありました。まだ見ていませんが。

 東京都公文書館、案外に家から近いところにありました。検索では建物図面もあるようで閲覧したいものです。

 研究会については評判がよく話をさせてくださいという方もおられます。今回の司会だった石坂さんも劇場のオーナーだったことが分かりました。長年、店とか、劇場とか、喫茶店をやっていた人、四五人に話してもらうのがいいかなと。ただ、やっぱり薄謝でも講師謝礼はしなくてはと思いました。

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水

2016/08/22 (Mon) 21:16:55

〔久保さん…〕
というよりDr.なので「久保先生」ですが、背景のプレゼンを見ると、「[1928-1944]」となっています。

つまり、Dr.久保の認定では、同校は、昭和3年に開校し、昭和19年、かの山の手空襲以前に閉校していたことになります。

それぞれに、↑に書いたものとは異なる史料がないと、そうはならないはずで、それが何なのか、興味深いところです。

【史料といえば…】
都の公文書館のデータチェックは、いわばマストとして
国会図書館には、先にご紹介した昭和16年度版以前の音楽年鑑も、デジタルデータ化され、館内(または提携図書館)限定で閲覧・謄写可能です。
これらを手繰ってゆけば、昭和16年版にいう「幾多の變遷」の経過もトレースできるかと思います。

mision cumpleda

あとは、どなたか、よろしく。

【PS】
国会図書館の
レコード音楽技芸家名鑑S15
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1056525/211?viewMode=
によれば
「昨年4月学院を学校と改め認可さる。」
とありあります(212コマ左)。

一体どうなっているのやら…。

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/08/25 (Thu) 09:54:18

〔こんな…〕

ページ
http://www.shiro1000.jp/tau-history/nazis/nazis.html
をみつけました。

年月日が特定されているので、かなり信ぴょう性の高い資料に基づいていると思われます…
が、Wikiの例もあり、裏どり不可欠。

Dr.久保の学位論文 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/08/25 (Thu) 10:25:26

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 



久保絵里麻「鈴木鎮一と才能教育―その形成史と本質の解明」7-Mar-2014
http://hdl.handle.net/10723/1942


論文本文

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/1942/14/A33_text.pdf

の96ページあたりから、詳細な学校の経緯が書かれています。
(なんと、今津さんの「昔の代田」が参照文献として掲示されています)

おおまかな結論を言えば
「3ないし4つの、『ほとんどまるで別の学校』が入れ代わり立ち代わり代田701の地に存続していた。共通しているのは『帝国』の名前だけ」

画像は、論文97ページの略年表を引用。

PS:Dr.久保は、ヴァイオリニストでもあります。
https://www.concertsquare.jp/blog/2010/2010070518.html

帝国*音楽学校年譜 - きむらたかし@三田用水

2016/08/25 (Thu) 17:23:04

ヤヤコシクなってきたのでここまでのまとめです

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2016/09/03 (Sat) 00:13:40

〔柳宗悦夫人…〕
兼子について、こんな論文

高 仁淑「柳兼子の公演活動と朝鮮における民芸運動」
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/3668/KJ00004167265.pdf

を見つけました。

「東京高等音楽学院は,学校の紛糾が起き,東京高等音楽学院と帝国音楽学校に分裂したが,柳兼子は,東京高等音楽学院と帝国音楽学校で声楽を教えることになり,終戦まで朝鮮人留学生にも音楽レッスンを行なった。その時の東京高等音楽学院の出身音楽家が洪蘭披,洪成裕,金元福等であり,帝国音楽学校卒業生が仝鳳楚,羅遅発,孫牧仁らである。」

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水

2016/09/03 (Sat) 13:39:38































[鈴木釣り堀写真]

この界隈で釣り堀というと、森厳寺川の水道道路との交点南のが有名ですが、帝国音楽学校からはちょっと遠すぎませす。

で、あるいは
北澤用水のタマデン山下の西
か?

2か所あったうち、東の方のは河川改修時になくなっていますし、地形的にみても西よりの方のかと。

しかし、何を釣っているんでしょうね。ヘラブナにしては道具が華奢すぎですし、さりとて、ゲンゴロウブナあたりなら何も釣り堀に来なくても、そこいらへんの川でいくらでも釣れたでしょうし。


【余談】
日本の釣り(和釣)に詳しい友人の話では
「釣りはフナに始まりフナに終わる」
と言われていたようです。
で、
「始まりのフナ」がゲンゴロウブナ
「終わりのフナ」がヘラブナ
の由。
 まぁ、ほかにも、「タナゴ釣り」なんていう、気の遠くなるような超マニアックな釣りの世界もありますが。


所在地は… - きむらたかし@三田用水 URL

2017/04/04 (Tue) 10:47:11

[東京府荏原郡世田谷町大字代田字『吹上』]

旱天には大根畑から立ち上がる砂塵が、降れば降るで雨粒が、校舎に吹き付けていたのでしょう。

http://www.shiro1000.jp/tau-history/reikichi/onngaku.html

の校舎の写真を見ると、出入り口が正面ではなく横を向いていて、風除け室の造りになっています。
 あるいは、後から増築したのかもしれませんね。

【追記】
写真の上端中央やや右に鉄塔の一部が写り込んでいます。この鉄塔は校舎の東にあったので、この写真は、校舎の北面の校庭で撮影されたものということになります。

Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/06 (Sun) 18:36:51

[昨日話題になった…]

「国立音楽院」。

ここ
https://www.kma.co.jp/outline/index.html
(co.jpに注目)によると、最初国立市に開設された音楽教室なので、「国立音楽院」〔経緯からみて「こくりつ」ではなく「くにたち」〕を名乗っているようです。

その開設が昭和42年とのことなので、「本家」の「国立音大」よりはるか後。創立者が「国立」さんだったり、そうでなくても国立市内にあるときは別として、よく「本家」と裁判沙汰にならなかったものです。


Re: 帝国音楽学校 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/16 (Wed) 19:12:37

[下北沢X物語(3336)―第3回研究大会:世田谷代田「帝音」Ⅱ―〕
<http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52050980.html>
の「反例」発見。

「(三)
 久保さんの調べはとても地道なものである。
「台湾に行って帝音関係者の調べをすると例えば、身分証明書みたいなものでもしっかりと保存されているのですよね。日本ではありえないことですよね」
 確かにそうだ、公文書館とか資料館に行くことはある。ところが体系的に整理が行き届いているところは少ない。
 いつだったか図書館の人と話をしたことがある。地域文化を記したものは大切であるように思うが、館員はそういう意識が欠落しているという。オーソドックスなものを図書館が所蔵することが図書館だと思っていると。我らの意識レベルも低いと感じる。」
とあります。

 確かに、我が国の国立「公文書館」には、Dr.久保の指摘のとおり、過去の特定の個人のアーカイブはないように思います。

 ところで、かねてから追いかけている、ブラジル移民、というより「昭和初期からのアマゾン地方への日本人の移住」(なぜ、移「住」というかは説明が面倒なので省略)からみで、国会図書館のデータベースを検索していたところ…

「中野順夫旧蔵アマゾニア産業研究所関係資料」
http://iss.ndl.go.jp/books?rft.title=%E4%B8%AD%E9%87%8E%E9%A0%86%E5%A4%AB%E6%97%A7%E8%94%B5%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E9%96%A2%E4%BF%82%E8%B3%87%E6%96%99&search_mode=advanced
というコレクションを見つけました。

 リストを見ると、昭和の初期、ブラジルのアマゾナス州の、東隣のパラ州との境近くに設立された「アマゾニア産業研究所」関係者の、同所に関連する資料のアーカイブでした。

 要するに、ナショナル・アーカイブである公文書館と、ナショナル・ライブラリである国会(立法院)図書館との「仕事の仕訳」が、日本と台湾とで違っているにすぎないわけです。

[速報]「頌栄教会」建替え? - きむらたかし@三田用水

2017/08/15 (Tue) 17:55:45

[今日…]
所用があって、仕事場へ行くのが、下北沢回りになりました。

 池ノ上から「仮称・教会坂」を下ってゆくと、頌栄教会の敷地の北東端に、地盤調査用のボーリング機械が1台…
 同じく敷地の南西端をみると、もう1台。

 ここまで本格的だと、教会の建替え計画がかなり進んだ段階にあると判断されます。
 この、地盤調査が終わると、
・基礎の設計
  上に載っかる建物本体の設計は、通常の手順だとほぼ終
  わっているはず
  ←建物というよりその重さが決まらないと、地盤調査で、
   その強さが分っても、基礎が設計できないため
・建築確認手続き
・現在の教会の建物の解体工事
という手順で進むことになります。

 解体工事にあたっては、まず、建物全体が足場とシートに覆われてしまいますので、写真で記録するなら「今のうち」です。

鉛筆部隊のテレビ放送 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/14 (Mon) 09:48:59

先日、テレビ信州のデレクターとカメラマンが来て取材していきました。テーマは鉛筆部隊です。

 武揚隊のことについて当方ずっとまとめていたことからこの話も取材時には伝えてあります。

 しかし、放送は長野県内だけの放送なので東京では見られません。一応お知らせします。

放送日時/8月15日(火)
放送番組/テレビ信州 夕ニュース「Face」18:15~19:00
タイトル/【特集70+2】鉛筆部隊(仮題)

Re: 鉛筆部隊のテレビ放送 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/14 (Mon) 18:09:13

[番組の…]

Webページは、こちら
http://www.tsb.co.jp/tsb-bangumi/face/

残念ながらWeb発信は無いように思うのですが…
watch してれば、何かインフォメーションはあるかも。

Re: 鉛筆部隊のテレビ放送 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/14 (Mon) 21:34:59

今日、別局 長野放送でも「鉛筆部隊」は取り上げられたと。
安曇野市の丸山さんからメールがあった。

「本日SBCテレビで鉛筆部隊の放映があるとの連絡でこれを見ました。きむら先生の本、高田さんの絵本、田中さん、目之湯中野さんも出演していました。」

世田谷中原つながり:世田谷代田 ものこと祭り - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/14 (Mon) 11:28:11

[今日の今日まで…]

全く知らなかったのですが、なんと今年で6回目の由

http://monocoto-matsuri.com/

2017年8月27日 10:00~17:00

「夏の一日だけ世田谷代田の商店街のシャッターが開く『世田谷代田ものこと祭り』も今年で6回目!
今年も代田のお店や飲食店のほか、全国からたくさんのつくり手の皆さんを迎えます。
代田八幡神社会場はもちろん、代田のお店や商店街にも是非この機会にお越しください!」

とのこと。

Re: 世田谷中原つながり:世田谷代田 ものこと祭り - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/14 (Mon) 17:16:49

下北沢文士町文化地図第七版を配るという参加はできるかなぁ。どなたか教えてください。

Re: 世田谷中原つながり:世田谷代田 ものこと祭り - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/14 (Mon) 17:59:40

[せっかくのご縁ですので…]

代田八幡さんがメイン会場の一つとなると、三土代會さん
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2016/10/post-f36c.html
に相談されてはいかがでしょう

世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/30 (Sun) 15:15:53

[母家の…]
下北沢X物語(3329)~会報第133号:北沢川文化遺産保存の会~
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52050182.html
の「2」の末尾に
「アイスが溶けない距離にあった帝音御用達のお店はどこか?情報求む。」
とありましたので、戦前の当地の地図にあたってみました。

まずは「グラフせたがや」41(H03冬)号p.34の
「昭和10~15年頃の中原商店街/海老沢昭一さんの記憶による」と題する地図

 有名な「ビリヤード店」も載っています。

 和菓子屋さんはあるものの、洋菓子屋さんはないのですが、この中で「アイスクリーム」を贖っていた可能性が一番高いのが「牛乳屋さん」です。

 すでに、お店を閉めて、かなり凝った看板建築の建物も建替えてしまいましたが、池ノ上の小清水牛乳店さん(邪宗門さんにも卸していた由)。お店の正面から右半分は、椅子とテーブルのあるミルクホールの設えになっていて、かつては、アイスクリームを自家製し、夏はかなりの売り上げだったと、うかがったことがありますので、この中原の牛乳屋さんも同じようなことをやっていて不思議はないことになります。



Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水

2017/07/30 (Sun) 15:36:33

[さらに念を入れて…]
かの「今津マップ」(出典は地図中)を引っ張り出してきました。

この近辺に洋菓子屋さんがないか?
もう一つは、炭屋さんがないか?
炭屋さんが夏の間は氷を扱っていた例は多く、たとえば、高女とか家政学校出のお嬢さんが、婦人雑誌に載っていたレシピでアイスクリームを作っていた、というパターンも考えられなくもありませんので。

「アイスクリームの溶けない距離」となると、今もある宮川鰻店さんあたりまでか、と思うので見てみたのですが、この範囲では洋菓子屋さん炭屋さんともに見当たらず(宮川さんの2ブロック北に「鈴木炭屋」というのがありますが、学校から少し遠すぎるように思います)。

結局、前出の図にもあった「興真牛乳屋」が一番可能性が高いといえます。

あと「それらしいハイカラな店」としては、レコード店が1軒にパン屋が2軒ありますが、これらは、帝音というより中原の土地柄自体の影響かもしれませんね。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/31 (Mon) 13:39:07

[「スマックアイス」とは何ぞや]

「スマック」とは smack という英語起源のコトバらしく、
こんなの
https://www.pinterest.jp/pin/360358407654424168/
もあるので、広くは、

coated (by something)

という意味のようなのですが、

アイスクリームに関していえば、いわば狭義に

チョコレートでコートされた(×主としてバーのついた「アイスキャンデー」×)
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/864/meaning/m0u/

のを指していたようで、

團伊玖磨の「パイプのけむり」の中に

「アイスクリームは、嫌いだとおっしゃりながら、スマックのことを細かな歴史など3代の経営者のエピソードを織り交ぜながらアイスクリームについて蘊蓄を傾けておられた」由
(該当の原典未確認。何分相手が膨大なので、愛読者でもないと該当部分を短時間で見つけ出すのは難しそう)。
http://www.tasc.or.jp/~pipedan/other/newpage91-20.htm

(【追記】
http://www.tasc.or.jp/~pipedan/other/newpage250i.htm
によれば、18巻#25p.148の由)

かつては「スマックアイス」を製造していた「東京スマック」という会社があったことは確からしく、そうなると、工場製品で、しかもチョコレートでコーティングされていれば硫酸紙なりセロファン紙の袋に入れて配送も手軽にできそうななので、販売用の保冷ケースさえあればどの店でも売れることになります。

と、なると、中原商店街でいえば、和菓子屋・パン屋さんはもちろんですが、タバコ屋さんでも可能でしょうし、また中原市場の中の6軒のうち菓子屋(他は、魚屋、煮豆屋、八百屋、乾物屋、肉屋)でも販売可能ということになります。

興真牛乳屋さんは、もともと冷蔵庫を持っているのが強みですので(牛乳については、昭和2年の警視庁令によって、牛乳が搾乳直後から消費者に届くまで、殺菌工程を除けば、終始その温度を摂氏 10 度以下に維持することを要したので、牛乳販売店に冷蔵庫は不可欠)、依然第一候補ではありますが、もう少し手広く調べてみる必要がありますね。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/31 (Mon) 15:37:38

[「東京スマック商会」捕捉]

なんと、びっくりする資料中にありました。

東京都城南工業用水源小規模地域調査報告 : 関東西部地域調査第6報 p.20
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_9615487_po_09-08_02.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

所在地は、
東京都品川区北品川4-626

これ、国会図書館で検索して出てきたものなのですが、どっかで読んだ資料と思っていたら、数年前から、三田用水
https://mitaditch.blogspot.jp/
の関係で、何度も見ている資料だったのです。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/01 (Tue) 08:12:42

東京都品川区北品川4-626

は、地図の青丸の場所。大崎駅近くですが、三田用水の末流が流れていたり、結構面白い場所です。。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水

2017/08/04 (Fri) 18:26:09

[スマックアイス]

またも、手持資料の中から「お宝(?)」情報が。

西川勢津子「思い出万華鏡」SCC/2002・刊

「…横浜駅には丸い棒状のアイスクリームにチョコレートを巻いた「スマックアイス」(*3)というのが、折り箱入りの二倍の値段で十銭[※後記引用者註参照]でしたが、それはそれはおいしかったものでした。」p.71

で、文中の註「(*3)」はというと…

「*3 スマックアイス 薄いチョコレートに包まれたアイスクリーム。現在でも日本ではこの形のアイスクリームを総称してアイススマックと呼んでいるが和製英語」p.72

とありました。

※引用者註
 最初は趣旨が読み取れかったのですが、
  当時の「普通のアイスクリーム」(おそらく、今のラク
  トアイス・クラス-α)が『折箱』に入れて売られていて、
  その価格が一般的には「5銭」だったのに対し、多分乳
  成分が多かった『スマックアイス』は、その『2倍の10
  銭』だった
との意味かと解釈しています。

 先の、「工業用水…調査」は三田用水関係
https://mitaditch.blogspot.jp/

 今度の西川著作は、海外植民學校関係
https://edcutokyo.blogspot.jp/

の史料としてキープしてあったもの。

 どちらも「地域資料」というほどエリアが限定されているものではないのですが、いやはや、ここまで「かぶる」とは…。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/05 (Sat) 04:46:48

[推理小説の…]
皆川博子「倒立する塔の殺人」PHP文芸文庫
に、こんな件がありました。

「幼いころ、母が銀座に買い物に出たときのおみやげは、円筒形の厚紙の容器に入った《スマック・アイス》だった。直径三センチ長さ十センチぐらいの筒型の、とろけるようなアイスクリームの外側を、紙のように薄いはりはりしたチョコレートで巻いたのが、ひとつひとつパラフィン紙にくるまれて、六本ぐらい詰まっていた。ドライアイスで冷やしているので、チョコレートは、霜でうっすら白かった。」

図は、6本入りパッケージの想像図

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水

2017/08/05 (Sat) 23:24:52

[今日の…]
Dr.Eriaの講演後の、参加者によるディスカッションの中で、当会会長で、「しなのや」の長井社長から、びっくりする発言が。

世田谷中原駅前で堀之内道の小田急踏切際にあった中原市場の中の6軒、つまり菓子屋、魚屋、煮豆屋、八百屋、乾物屋、肉屋のうちの1軒、確か「乾物屋」さんが、現「しなのや」の前身とのこと。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/06 (Sun) 08:38:23

[ここ…]
「明治・大正・昭和の写真」中の
「1936年(昭和11年)。東京の大衆食堂の様子」
https://twitter.com/polipofawysu/status/878223136952647680

土門拳の作品とのことですが、壁の品書き中に「アイスクリーム スマック」とあります。

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/08 (Tue) 19:34:04

〔困ったときの…〕

jstage の、こんな
関 武雄, 可児 利朗, 元山 正「市販アイスクリームの成分検査について(第6回日本薬学大会公衆衛生部会研究報告)」公衆衛生年報 Vol. 1 (1953) No.1 pp,41-43
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhs1953/1/1/1_1_41/_article/-char/ja/
論文の中に「スマック」を発掘しました。

 昭和27年当時の「俗称・アイスクリーム」の成分分析のリポートなのですが、「スマック」は♯15としてその対象になっています。

 興味深いのは
・昭和03年の調査結果との対比
  スマックを含むかは不明だが、S03当時、乳タンパク質
   0.0~1.0%の「安物」   が1個 5銭
   1.1~2.0%の「やや高級品」が1個10銭
  (p.42)と。西川氏の記憶どおりだったことがわかる。

  また、S27当時の「俗称・アイスクリーム」の価格は
   最高60円(♯12)
   最低10円(♯18)
   なのに対し、スマックは
     30円(♯15)
  なので(p.43「第4表」)、依然「中級品」の面目を
  保っていたようである。

・昭和27年当時は、「氷菓子」(いわば「アイスクリームもどき」)と「冷凍乳菓」(同「当時の定義でのアイスクリーム」)との境界線が、乳脂肪分「たったの3%」だったこと
など。

 その他、今後の懸案としては
・#15のスマックの成分が、乳脂肪分は比較的低いのに、タンパク質成分が結構高い理由の分析が必要らしい
  【追記】もしかしたら、脱脂粉乳をかなり多用していたの
      かもしれません。
      あれ、当然脂肪分は少ないですが、タンパク質は
      残りますし、なによりも「妙な甘さ」がありますので。
ところにあります。

 いずれにしても「アイスクリーム」の基準が、今とは全くちがい、「スマック」も今の基準では「ラクトアイス」。「アイスクリーム」には勿論「アイスミルク」の基準にも及ばないかもしれません。
 ただ、デンプン、ゼラチンといった「詰め物」というか「増量材」が不検出というところに「ウチは、そんじょそこらの戦後勃興したメーカーとはちがうんだ」という「老舗の矜持」を感じます。



Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/08 (Tue) 21:46:19

東京スマック商会 創始者 伊藤桂藏

交詢社「日本紳士録 44版」同/昭和15年・刊
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127298/52

Re: 世田谷中原のスマックアイスクリーム - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/10 (Thu) 18:17:53

[どうやら…]

「津村節子自選作品集,第1巻」岩波書店/2005年・刊 の111ページ辺り に、こんな
「私がドライアイスというものを初めて見たのは東京に転居してからで、当時スマックアイスクリームという菓子があった。筒状のアイスクリームをチョコレートで包み青い模様の躐紙のような紙で卷いてある。ミシン目の…」
記述があるようです。

「筒状の」の部分と「躐紙のような紙で卷いてある」の部分は、先の「皆川博子『倒立する塔の殺人』」と整合していますので、これらについてはまず間違いなさそうですね。

【事務連絡】文化地図シート - きむらたかし@三田用水

2017/04/05 (Wed) 17:02:32

〔2日に…〕

レスキューした、シート状の大版「下北沢文士町文化地図」。

 裏側の両面テープ跡は、結構強力に貼りついているのでアセトンなどの溶剤を使わないとはがれそうもないのですが、印刷インクどころかベースのプラスティックシートまで溶かしちゃいそうですので、シートの補強を兼ねて、テープ跡の上に、手許のグラスファイバー入りのテープを重ね貼りしておきました。
 よくよくみると、講演とか研究会などのときも、シートなので丸めて運べるうえ、鳩目で補強してあったり、明らかにパネル状のものより使い勝手がよさそうです(ちょうど手許にあった、ダイソーで買った安物の図面ケースに、巻いてなんとかおさまりましたし)。
 スカイホールの鉄製の壁とかホワイトボードなら、マグネット止めできますし、鳩目穴を利用して図のように吊り下げることも可能です。
 簡単に補入できそうなポイントだけですが、テープライタで追記して、折をみて邪宗門に持ってゆきます。  

Re: 文化地図シート - 北沢川文化遺産保存の会

2017/04/05 (Wed) 18:21:08

ありがとうございます。

 ゲリラ的に地図配るときなどは使えそうですね。信濃屋から椅子机を運ぶのは結構大変です。

 我らの会員や会友にトラック、軽のトラック持っている人がいれば運ぶのは簡単ですが…誰か、年に一、二回協力してくれる人いませんか。代田信濃屋から橋場橋安吾文学碑まで…机2と椅子9です…

Re: 文化地図シート - きむらたかし@三田用水 URL

2017/04/05 (Wed) 18:35:01

〔軽トラックでも…〕

ギリギリ乗りそうですね。
http://www.商用車.jp/kiso/sunpou.html

ただし、ワゴンを持っている人の方が多そうですし、そちらだと車種によっては無理
http://k-wgn.com/nisitu.html

Re: 文化地図シート - きむらたかし@三田用水 URL

2017/04/05 (Wed) 18:46:17

【考えてみると…】

今の状態では、今後徐々に全員が→準古老→古老化してゆくのが必定(当方も「アラセヴン」)。

 世田谷はまだマシのようですが、あちらこちらの郷土研究団体が、まず、会報雑誌が出せなくなり、最後に団体自体が消滅する、というパターンで死屍累々の由。
(歴史研究家デビュー 連載 郷土史研究の実践方法 1~6
http://blog.goo.ne.jp/h-6943m2906/e/a5fb3926e75eaffad9fb13850938e8fb
以下参照)

 まずは、地図だけでなく、ゲリラ的に動けるようにという目的もかねて、装備の軽量化を考えた方がよさそうで、椅子・机も、要らなくなったキャンプ用(「子供がもう一緒に遊んでくれなくなった」とか)のを誰かが寄付してくれれば、モノによっては路線バスに持ち込んででも運べますし。

Re: 文化地図シート - きむらたかし@三田用水 URL

2017/08/06 (Sun) 09:23:41

【事務連絡】

冒頭のマップ、
・帝音の校舎
・東京セロファン紙工場の敷地とキャプション
を補入したうえ、昨8月5日に邪宗門に「納品」済み。

黒に近い群青色のプラ筒に入っています。
外にくっついている小さな布袋には、
・マグネットフック×3
・バラスト(フックにワッシャ〔座金〕を付けたもの ×2
が入っています。


第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/16 (Sun) 14:24:01

○第三回北沢川文化遺産保存の会研究大会

 区のおしらせ「せたがや」7月15日号に以下のように載っている。

区の後援事業第3回北沢川文化遺産保存の会研究大会「世田谷代田の音楽学校の歴史」
8/5(土)13時半~16時半 スカイサロン(北沢タウンホール12階) 500円 (同会 電話番号:3718−6498きむら) 先着70人

*問い合わせが来ているが、申し込みの必要はありません。先着70名となっている。
 開場が一時なのでその時間に来ていれば大丈夫ではないかと答えている。
・音楽関係で世田谷代田にそんな学校があったとは知らないのでぜひ聞きたい。
・消え去った音楽学校のことを取り上げてなさるのは大変に貴重なことです。
 問い合わせがあった人からの反響だ。

Re: 第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/17 (Mon) 16:34:29

8月5日、当会の、研究大会の要項です。ぜひご参加ください。

Re: 第3回研究大会 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/17 (Mon) 22:11:23

〔「予習」用〕

この板には再掲ですが、Dr.Eria の学位論文そのものです。

久保絵里麻「鈴木鎮一と才能教育―その形成史と本質の解明」
http://hdl.handle.net/10723/1942
の pp.96~

この學校の、複雑怪奇な沿革と奇怪な顛末。あらかじめ、頭に入れておく方がよいかもしれませんので。

Re: 第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/20 (Thu) 08:21:10

「研究大会の席はまだ空いていますか?」
「いや、予約は取っていません、広報では先着70名としています。やはり同じような電話がありますのでこう答えています」

……開場が1時なので、その時間に来ておられれば多分入れると思います。

「そうですか、ありがとうございます」

Re: 第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/25 (Tue) 20:49:24

いよいよ研究大会も近づいてきました。

 8月5日、午後から研究大会を開催します。
 29日(土)午後14時から大会を手伝ってくださる方との打ち合わせを開きます。

 ボランティアとして手伝ってくださる方、おいでください。が、我らの会は参加できる人が参加する、いつもそうです。強制は決してしません。準備会は無理だけど、本番は大丈夫という方々も大歓迎です。当方に連絡をください。

Re: 第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/26 (Wed) 18:42:14

○「遅くなってしまいましたが、まだ席は空いていますか」
 「予約は取っていないのです。先着順ということで広報しております。心配でしたら、午後一時開場ですからそのときに来られたら座れないということはないと思います」

 今日、問い合わせの電話があった。関心を持たれているとう感触は、こういう電話からも分かる。

 懇親会にも、皆さんおいでくだささい。

Re: 第3回研究大会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/08/02 (Wed) 09:20:42

フェイスブックにイベント広告出しました
https://www.facebook.com/events/142159639707235/

第130回街歩き - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/07 (Fri) 17:55:44

第130回 都市物語を歩く 地下を辿って江戸を巡る 

7月15日(土)
 午後1時 東京メトロ千代田線日比谷駅内幸町方面改札
(代々木上原方面から来ると後方の改札)
 案内人 木村康伸さん 江戸城、東京駅周辺
*地下道を辿ってお江戸東京を 暑いので地下通路を巡って江戸東京の昔を訪ねる 

コース: 日比谷駅→東京宝塚劇場→日比谷公園→馬場先門→二重橋前駅→和田倉門→東京駅→赤レンガ駅舎→大手町駅→将門首塚
*夏の時期は暑い。街歩きには不向きだ。それで計画したのが地下道を辿って江戸東京を巡るという企画だ。地下道を歩き、頃合いのところで地上に出、見学するものだ。

◎申し込み方法、参加希望、費用について 参加費は各回とも550円(資料代保険代)
 参加申し込みについて
(必ず五日前まで連絡してください。資料部数と関連します)
  電話の場合、 米澤邦頼 090-3501-7278
  メールの場合 きむらけん k-tetudo@m09.itscom.net FAX3718-6498

Re: 第130回街歩き - きむらたかし@三田用水

2017/07/16 (Sun) 17:08:37

〔あはは…〕

 昨日、午後1時からの月島での会議に行くため、有楽町線に乗り換えるべく、千代田線を日比谷で降りて歩いてたら、ホームの向こうの端のキャップをかぶった「どこかで見た人」とすれ違いました。
 気が付いたのは、有楽町線に乗換え用の改札を出たあたり。「金子善行さんじゃないか!」
 夜、帰宅して、このページを見たら、千代田線日比谷駅内幸町寄り改札で集合の由。あれがシモキタのホームなら速攻でわかったのでしょうが。

Re: 第130回街歩き - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/19 (Wed) 19:51:45

〔今回の…〕

ツアーのエリア。かれこれ3分の1世紀(南に北に異動はありますが)
づっと仕事場があるので、却って、あまり変化が目につかないのはシ
モキタと同じ。

改めて思い返すと…

個人的にみた大きな変化のベスト2はというと

●東京中央郵便局

かつては、東京駅と結ばれた地下道経由で、列車(オユXXとかいった
客車とか、クモユニXXとかいった電車)で大量に発受される郵便物を
捌く、文字通り東京の中心の、ということは日本の中心の郵便局でし
た。
今のKitteの高層部のあたりにトラック・ヤードがあって、昼夜を問わ
ず、頻繁に赤いトラックが出入りしていたのですが…

郵便物の輸送がトラックにシフトし、オユやクモユニが消え、最後に
トラック・ヤードも消え、東京の郵便のハブは(どこにあるのか知り
ませんが)銀座局なるものなってしまい、「名ばかりの「中央」郵便
局」になってしまいました。

●船の信号機

ちょうど東京駅丸の内口駅前の通り、大手町との間のほぼ中間に、こ
んな
http://ameblo.jp/yokohamano-kagemaru/entry-11577846456.html
のが、(当時としては、ですが)高層ビル(多分、朝日生命のビル
だったと思います)の南向きの壁に張り付いていました。

正式には「航行管制信号」
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/tokyo/kansei/pdf/signals_east-passage.pdf

要するに「東京湾を航行する船のための信号機」なのですが、特に夜
点滅しているときは、あんな奥まった場所でも、「海が近い」ことを
実感できる施設だったのですが、すぐ南隣に、もっと高いビル
が建ち、無くなってしまいました。

【追記】

クモユニ84の写真がありました

http://kokuden.net/mc53/sub.htm/sub-NiYuu/sub-Niyuu-74/sub-Niyuu-74.htm

しかし、連結される旅客列車の方は、カルダン駆動なのに、こちらは旧式の吊掛け駆動。旧式国電の改造車でもあり、よくもったものですね。

M30ころ 高畑村 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/13 (Thu) 00:28:16






















〔母家の…〕

下北沢X物語(3317)―六郷高畑で狸はなぜ汽車に化けたのか―
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52048985.html

つながり。

[推定]M13測M30修測の1/20000迅速測図「川崎驛」中の高畑村(中央やや南西の矢印)です。

当地では、鉄道が、台地から多摩川(地図の表記では「六郷川」)に向かって下り勾配の切りとおしになっているようです。

Re: M30ころ 高畑村 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/13 (Thu) 08:32:05

現地を歩いてみると切り通しではなく築堤であったと思われます。

Re: M30ころ 高畑村 - きむらたかし@三田用水

2017/07/13 (Thu) 17:20:42

[タヌキが…〕

切通し上の東陽院の杜に潜んでいて…
頃合いを見計らって「それっ」と斜面を駆け下り…
暗がりを利用して汽車に化ける…
っていうのを「平成狸合戦」風に頭の中で描いていたのですが…

築堤上となると、あまりに明け透けで、しかも衆人環視。

どうも「絵」になりませんね。

Re: M30ころ 高畑村 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/15 (Sat) 01:59:21

〔「絵にならない」と思ったら、やはし…〕

でした。

六郷川橋梁の前後が高架化されたのは1971年。
https://www.know.cf/enciclopedia/JA/%E5%85%AD%E9%83%B7%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81_(%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%9C%AC%E7%B7%9A)#cite_note-1

それまでは、河岸段丘の上は切通しだったはずです。

Re: M30ころ 高畑村 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/15 (Sat) 02:14:08

〔ありました〕

1947年8月8日連合軍撮影の空中写真(USA-M389-8)

道路が上、線路が下、です。

【追記】

猪俣賢司「東京の地理学と小津安二郎の映画技法」という論文によると

小津の「晩春」の、このあたりを走る横須賀線のシーンで、旧橋梁のあたりを見ることができるようです。

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/9651/1/124_45-73.pdf

のp.10~

一見の価値はありそうです。笠・原の盤石コンビなので、かりにペケでも、見て損した気にはならないでしょうし。

ただ、昔撮ったビデオ、どこにしまい込んだやら。

Re: M30ころ 高畑村 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/15 (Sat) 10:13:32

〔たぶん…〕

ここで走行シーンは終わってしまいますが、画面中央やや左の明るく抜いた丸のあたりかと…

Re: M30ころ 高畑村 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/07/15 (Sat) 18:04:17

六郷川橋梁への取り付き部分がかつては築堤ではなく切り通しであったこと貴重な指摘です。

①一つは、切り通しであったことで高畑の地形が名前の通り高い畑であったことが想像できる。

②もう一つは、狸がなぜ汽車に化けたか、その理由として挙げられるのが巣穴を壊されたからというものです。切り通しだったら線路敷設のために大がかりな土木工事が行われたということになります。そのときに巣穴も壊されたと考えられる。

 偽汽車は古代と近代のはざかいで起こったことで、文化現象としても貴重です。

 今日、街歩き130回を終了し、ブログでは「地下道を辿ってお江戸見学」を報告しますが、偽汽車は再度話題にしようと思います。

アメリカの女性ボマー(bomber)? - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/21 (Wed) 22:20:55






























〔ちょっと珍しい…〕

写真を、ジョージ・シルクという雑誌ライフの専属フォトグラファーの写真(シルクの撮った写真-オリンピックの際の北欧の女性陸上選手の写真が有名-でなくて、シルク本人の写真)を探しているとき見付けました。

http://www.allposters.co.jp/-sp/B-17-Flying-Fortress-Bomber-During-Bombing-Raid-Launched-by-US-8th-Bomber-Command-from-England-Posters_i3594550_.htm
イギリスの基地から発進したアメリカの爆撃機B-17機内の写真。

B-29と違って、与圧もエアコンもないので、酸素マスクを着け、分厚い防寒服を着ています。

この写真を撮ったのは、冒頭の写真の、同じくライフの専属フォトグラファーであるだけでなく、その創刊号の表紙の写真を撮った、マーガレット・バーク=ホワイトという女性で、防寒服を付け、右手に空撮用カメラ(ただし、↑の写真は、このカメラ―近すぎてマトモに写らない―ではなくて、多分ドイツ製のローライの2眼レフと考えられます)、左手に飛行帽とゴーグルを持ち、首からマスクをぶら下げています。

訓練ではなく、実際の戦闘場面で、爆撃機に乗った女性は、あるいはこの人だけかもしれません(ただし、ヨーロッパ戦線)。

Re: アメリカの女性ボマー? - 北沢川文化遺産保存の会

2017/06/21 (Wed) 22:36:16

日本人の男性に見せない方がいいかもしれません。日本飛来のB29には女性の乗組員がいたとかたくなに信じている人がいますから……墜落した飛行機にハイヒールがあったということを言っていた海軍第一四期飛行予備学生の一人は言っていましたね。

 確か経堂に墜落したB29にも女性搭乗員の話がうわさとしてありましたね。日本人男性の願望かもしれませんね、それが都市伝説になった……

Re: アメリカの女性ボマー? - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/21 (Wed) 23:08:01

〔ハイヒールは…〕

国に残してきた奥さんか恋人のものかも(柳田國男いうところの「妹の力」というやつ)。

なにしろB-29ですから靴1足位なら余分に積んでも飛行に影響ないでしょうし…

そのうえ、あちらは、こういう
http://www.roomie.jp/2014/01/135544/
世界でしたし。


そういえば、アポロの月着陸船に無断でゴルフクラブを積んでいって、クビになった宇宙飛行士がいましたっけ。

こっちの場合は、「なぜか」軌道が狂って、地上から何度修正してもまた狂ってしまった由。

Re: アメリカの女性ボマー? - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/21 (Wed) 23:26:47

〔人間考えることは…〕

洋の東西を問わないようで、冒頭の写真、アメリカの兵隊さんの間でも引っ張りだこだったようです。
http://www.gettyimages.co.jp/license/72384910

ところで、このバーク=ホワイト。糸車を回すガンジーの写真が有名なのですが、イギリス映画の「ガンジー」の中で、その役を演じていたのがキャンディス・バーゲンで、彼女自身定評のあるフォトグラファーのせいもあるのでしょうが―おそらく、「自分が、この状況でガンジーの姿を写真でとらえたいとすれば、どうするだろうか」との発想が演技に反映しているように思えますが―雰囲気そっくり。
http://www49.atwiki.jp/kojirou4/?cmd=upload&act=open&page=%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC&file=IMG_4842%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0f/39/d84e8f7926ea1a120c0916d6f64ca4f3.jpg


(ガンジー役のイギリスのベン・キングズレーという俳優も、これまたそっくり
http://www49.atwiki.jp/kojirou4/?cmd=upload&act=open&page=%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC&file=IMG_4823%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
で、この映画のインドでのロケ中「ガンジーが生き返った」と、近隣から「参拝者」が押し掛けたきた由)。

Re: アメリカの女性ボマー? - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/23 (Fri) 23:24:31

〔この人って…〕

アメリカ人にとっては、現代版の
アニーオークレー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4
なのかもしれませんね。

オークリーは銃ですが、バーク=ホワイトはカメラを持ったら「百発百中」というわけです。

Re: アメリカの女性ボマー(bomber)? - きむらたかし@三田用水 URL

2017/07/11 (Tue) 19:34:16































〔ジョージ・シルクの…〕

探していた写真、見つけ出しました。

https://i.publiclab.org/system/images/photos/000/015/914/original/tmp_8630-IMG_20160503_1357011447322798.jpg

初めてこの写真を見たときの、先ず持った感想は、

・「紺ブレ」にグレーのフラノのパンツ。
 なるほどこれが、正統派Time/Life のフォトグラファーのいでたちかぁ。

でも、それもさることことながら、

・こういう「でっかい人」が持つと、あのニコンF(よくよく見ると、写真のは Nikonmart -日本名 Nikomart-ですが)が、まるでお子様カメラみたいに見える。

と思ったものでした。

もう1枚

https://i.publiclab.org/system/images/photos/000/015/913/original/tmp_8630-IMG_20160503_135711-1356164696.jpg





世田谷の風景資産を歩く - 北沢川文化遺産保存の会

2017/06/29 (Thu) 11:02:59

七月二日 世田谷の風景資産を歩く

 後半は、北沢川文化遺産保存の会が案内を担当する。

アコやぎさんから演奏会のお知らせ - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/23 (Fri) 19:50:08

梅雨入りにも関わらず、青天白日な折りご活躍かと思います。

今月も来週月曜に下北沢の楽園で演奏しています。
よろしければ、応援頂きますよう、お願いいたします。
ーーーーーーー
東京ゆかりの皆様へ。 梅雨入りの関東でご活躍かと思います。 こちらも、下北沢を拠点に、各地を賑やかしを経て、ホームのお店で祝宴のトップを飾ります。 来週26月曜日、是非!応援頂きますよう、よろしくお願いいたします。 http://www.livebarbigmouth.com/schedule/2017/2017.06.html
ーーーーーーーーーーーーーー
アコーディオンのヤギ
青柳正太郎
080-1243-3210
1234yagi@gmail.com
FB:
https://www.facebook.com/syoutarou.aoyagi.5
イベント用FB
https://www.facebook.com/狸小路はポンポコシャンゼリゼ-1161054934002779/

第10回戦争経験聴く会語る会 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/06/20 (Tue) 17:17:13

5月27日に下北沢都民教会で開催されたとき、武揚隊の高畑少尉の甥御さんが参加されたそのときに叔父を偲ぶ歌を披露された。これをYouTubeにアップした。
 もう一つ、武揚隊の歌を要望の応えて作り、そして歌ってくださった。作詞・作曲・歌唱:池田宗祐さん

https://www.youtube.com/watch?v=yEX8dr2C44M

三田用水ツアー参加者急募 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/19 (Mon) 20:37:21

〔下記のような事情で…〕

代官山系統の参加者が、激減しそうなことがわかりました。

と、いうことで、急に10数人分(とはいえ、最大でも25人位が限界ですが)の余裕ができました。

参加、ご希望の方は、会宛てお申し出ください。
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/2017-05-01.html

電話の場合、 米澤邦頼 090-3501-7278
メールの場合 きむらけん k-tetudo@m09.itscom.net FAX3718-6498

 なお、これまで2回ご参加いただいている、渋谷区の「歩く渋谷川」関係者の方々にも、不本意ながらご案内を差し上げていなかったのですが、これから、当方から個別にお声がけいたしますので、その点ご諒承くだしさい。

戦争逸話もろもの - きむらたかし@三田用水

2017/05/25 (Thu) 00:36:41

[2017年5月27日は…]
本業の方で、浅草・花川戸という粋な場所で、講演+パネリストをしなければならないので、お手伝いできないため、このスレッドで、本家
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52045772.html
にからんだ、先の戦争の逸話を順次いくつか。


実は戦争中、アメリカも士官の不足に困っていたそうです。

例えば「ヒコーキ乗り」は今でもそうですが、その資格は高等教育を受けた士官に限られていました(その点では、こちらもほぼ同様で「下士官」〔=「準士官」とも呼ばれたようです〕)以上。

要するに、単なる「兵」と、「士官」ないし「下士官」はとではランクがまるで違うわけです(たとえば、「士官」つまり少尉以上は軍服は「自前」言い換えれば「自腹」でしたが、一定の基準内ならば自由になデザインのものでOKだったようです)。

 したがってヒコーキ乗りである特攻隊員はすべからく下士官以上なので、「特攻『兵』」と表記するのは、ものすごく失礼なわけです(特攻隊員ではありませんが、陸軍で無線交信に従事していた確か伍長さんを「無線兵」と書いて、ご本人から叱られたことがあります)。

で、本題に戻りますが…

アメリカでも、軍自身による養成だけでは士官の需要に追い付かず、大学生(当然、高等教育の前半段階は受けているので)からの志願を募っていたとのこと。

戦時中の標語に「がんばれ、敵も必死だ」というのがありますが、あながち嘘ではなかったことになりますね。

Re: 戦争逸話もろもの - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/05 (Mon) 21:54:21

[暮しの手帖社が「戦争中の暮しの記録」の続編の原稿募集中]

同社が、暮しの手帖96号として昭和43年1月に発行された、この本、単行本化されて今でも新刊で手に入れることができます。

 暮しの手帖は、祖母がかつて定期購読していたのですが、そのうち「これは残しておかねば」と2冊だけ取り置いていたうちの1冊がこの号。

 戦後70年を過ぎて、その続編の原稿を同社が募集していることを、新聞で目にしたので、調べると

https://www.kurashi-no-techo.co.jp/70th

#Quote
創刊70周年記念企画
「戦中・戦後の暮しの記録」を募ります
“聞き書き”もぜひお寄せください
 暮しの手帖社では、これから後に生まれてくる人のために、残しておきたい、残しておくべき一冊を作りたいと考えています。それが、創刊70周年記念として来夏出版予定の『戦中・戦後の暮しの記録』です。ふたたび戦争をくり返さないためにも、みなさまにご協力いただきたいのです。
 今年は終戦から72年を迎えます。いまやほとんどの世代が、戦争を知らない時代になりました。ですから、「戦中・戦後の暮し」について、ご自身の体験を綴るのはもちろん、戦後生まれの方には、“聞き書き”をしていただきたいのです。ご家族やお知り合いが体験された、当時の様々な話を、ぜひお聞きになってください。そして、文章にまとめてお寄せください。
 48年前、同じように読者に原稿を募って一冊に編み上げた小社刊のベストセラー『戦争中の暮しの記録』があります。今回は戦中の記録に加え、終戦直後からしばらくの間の「戦後の暮しの記録」も募集いたします。敗戦の虚無感と、瓦礫のなかから、人々はいかに立ち上がり、何に希望を見出し、どうやって暮らしてきたのか。私たちは、そうした記録も残しておきたいのです。どうか、ふるってご応募ください。
#UnQuote

とのこと。

 聞き書きでもよく、また、戦後の話でも昭和25年くらいまでの話ならよいようですので、祖母や父などの話を、思い出し、思い出し、何か書いて遺せないか思案中です。

占領軍用区分地図 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/06/18 (Sun) 18:24:15

〔ヤフーオークションに…〕
面白い地図が出品されました

連合軍用の東京都区分地図
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s534396272

といっても、当然、全く書き起こしではなく、"NIPPON MAP Co."制作の戦前の区分地図に、地名(町名)について、変形ヘボン式ローマ字表記によるオーバーレイを赤文字でかけ、同様の表記方式による英文の地名インデクスページを付けたもののようで、1946年に、母家でもかつて話題になった連合軍接収下にあった「新宿伊勢丹の上階部で作っていた地図」の一部と思われます。

〔余談ながら…〕
「ヘボン式」の「ヘボンさん」。かの、ともに有名女優である「オードリー・ヘプバーン」「キャサリン・ヘップバーン」と全く同じで「ヘップバーンさん」というんですよね、本当は。




世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/04 (Thu) 10:05:50

[空襲後に…]

撮影された、世田谷中原1号踏切の写真。

2013年4月20日に「東北沢駅・下北沢駅・世田谷代田駅 地下化記念入場券」が発売された際に、下北沢駅南口に「地下化記念写真展」と題して掲示されていた由。
https://blogs.yahoo.co.jp/odphotographer/10904756.html

ただし、写真下のキャプションの
・「昭和20年5月20日頃 撮影」は誤り。
  5月20日には、まだ焼けていないってば。
  焼け跡もかなり片付いているし
   ただし、線路から50メートル内は強制疎開地なので
   空襲以前に建物は無くなっています。
  写真左下に代田連絡線の分岐部らしきものが写り込んでいる
  しかも、上の方をみると架線が3組あるので、更に時期は
  後ということになる
 ので、5月24日*の空襲後かなり時間が経っていることになる
  画面の緊張感の無さから判断すると8月15日以降
  服装からすると、早くても20年の秋口か。
*代田2丁目の罹災が24・25日のうち24日だったことは、東京都世田谷区「世田谷近・現代史」同区/S51・刊 p.1033
  
・「世田谷中原駅…焼失直後の踏み切り」とありますが、ここは、世田谷中原駅の構内横断場ではなくて、堀之内道の世田谷中原1号踏切の方です。念のため。

Re: 世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/05 (Fri) 10:19:39

〔「下北澤駅史」は…〕

決定的にデータが足りない。

つまり、今の状態では、推測の上に推測を重ねる結果になり、とどのつまりは、いわゆる「オカルト」のレベルになってしまう可能性も高そうですので。

 そうこうしているうちに、世田谷中原について、ある程度まで解明が進みましたので、

戦災前の世田谷中原駅を推理する〔その1~3〕

と題して、

http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2017/05/post-3c7f.html
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2017/05/post-a1c4.html
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2017/05/post-e971.html

にまとめました。

なお、東北澤(原名・大山谷)6号踏切西にあったと思われる
初代の下北澤(原名・北澤)駅舎も、敷地に制約があることから、これと大差なかったか、もう1サイズ小さかったと思われます。

【追記】

 実はもう一つだけ、できれば確認したいことがあるのですが、データみつからず。連休も終わりかけてますので、一応これで

 Misión cumplida

Re: 世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/07 (Sun) 10:55:39
































[冒頭の写真の…]

左端近くの真っ白い煙突。

新寿湯 世田谷区代田町2-916(世田谷区代田5-11-7)

ですね。

(地図は「大東京区分図・三十五區之内・世田谷區詳細圖」S11)

Re: 世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/07 (Sun) 14:39:03

【できましたぁ!】

開業当時の駅名看板の掲示位置と記載事項がようやく判明。

資料は、「いよいよおじさんの雑記帳」というブログ中
https://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66/GALLERY/show_image_v2.html?id=https%3A%2F%2Fblog-001.west.edge.storage-yahoo.jp%2Fres%2Fblog-9c-18%2Ftiggogawa66%2Ffolder%2F1336492%2F97%2F58190797%2Fimg_3%3F1244249275&i=1
の、ここ

https://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66/GALLERY/show_image_v2.html?id=https%3A%2F%2Fblog-001.west.edge.storage-yahoo.jp%2Fres%2Fblog-9c-18%2Ftiggogawa66%2Ffolder%2F1336492%2F97%2F58190797%2Fimg_3%3F1244249275&i=1

戦後の写真ですので、最上部の会社名は、オリジナルの
小田原急行 の5文字から、
小田急電鐵 の5文字に代わっているはずですが、文字の配置は開業時と同じフォーマットです。

開業時の駅の写真は何枚かあるのですが、2行目の
O.E.R.
がこれまで読み取れなかったのです。

考えてみると、小田原急行も小田急電鉄も、英訳して頭文字にすると
O.E.R.
考えましたねぇ。利光さん。

Re: 世田谷中原1号踏切 - 米澤邦頼

2017/05/08 (Mon) 20:17:28

自分が子供の頃の駅舎は次代の建物でしたが、
駅名表示は【卋田谷代田】 世が旧字でした。

Re: 世田谷中原1号踏切 - 北沢川文化遺産保存の会

2017/05/08 (Mon) 20:21:44

イメージは大切で、描かれている世田谷中原駅は南口ですよね?

Re: 世田谷中原1号踏切 - 米澤邦頼

2017/05/08 (Mon) 21:04:26

子供の頃は海側(南口)だけでした。
小学生の頃に山側(北口)ができましたが、定期券客のみ行き来可能でした。

Re: 世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/08 (Mon) 22:23:08

[「世」→「卋」変更]

なお、
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2017/05/post-a1c4.html
で解明したとおり、この駅舎はスペース的に南口にしかおけません。
(同様の発想で、初代下北澤駅舎は、東北澤6号踏切際の上り線の側にしか、スペース上の都合で置けなかったように思います。)

今回は、入口のところに、Dr.Eria にご登場いただくいとまはありませんでした(結構、手間と時間がかかる作業なので)。

Re: 世田谷中原1号踏切 - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/08 (Mon) 23:00:00

[これですね]

昭和37年、著作権の関係から、重鎮故・萩原二郎氏撮影の写真からAsIsの部分だけ抜粋。

旧字のような新字のような不思議な字体ですね、これ。


 ここまでくると、大間違いはなさそうに思うので、かの地の古老の考証を得たいところです。

 ただ、ここまで具体的に描き込んでしまったものを示すと、いわゆる「誘導尋問」になってしまう危険があります(よく、刑事ドラマで、犯人とおぼしき人物の写真だけ見せて「そのとき、この人がいませんでしたか」などと聞くシーンがありますが、あれはウソというか邪道。複数の人間の写真を見せて「この中に、ここにいた人はいますか?」と聞くのがホントです)。

 そのため、考証にあたっては、やや抽象的な図を示してその部分を具体的に説明してもらうとか、逆に、明らかに間違いの部分がある絵を示して、それが指摘できるかで記憶の信ぴょう性を確認する、とかいった工夫が必要です。

世田谷中原1号踏切「今昔写真」 - きむらたかし@三田用水

2017/06/18 (Sun) 15:29:31

〔冒頭の写真と…〕
併せて「今昔写真」となるように、先ほど所用で世田谷代田に行った折に、「今」写真を撮ってきました。

余談ながら、世田谷代田駅のトイレ、高級ホテルのバスルームというか、最先端の商業施設のトイレというか…いやはや内装・設備とも「感動モノ」で、「用がなくても入ってみる価値」があります。あそこは。

駒沢線65号鉄塔 - 米澤邦頼

2017/06/01 (Thu) 23:48:03

5月31日 駒沢線65号鉄塔、保守点検作業中です。

Re: 駒沢線65号鉄塔 - 米澤邦頼

2017/06/01 (Thu) 23:51:38

もう1枚

下北沢不思議マップ - きむらたかし@三田用水 URL

2017/05/31 (Wed) 10:03:19

[今、ヤフーオークションに…]

「下北沢中部図」という不思議な地図が出品されています。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q133192571

表面に印刷されている発行者は「下北沢中部会」(聞いたことない)
発行年は書いてありませんが、裏側に鉛筆書きで「昭和七年」とあり、帝都線が描かれていないので、ほぼ時期的に整合するようです。

森厳寺川の流路など、?の部分もありますが、等高線が妙にリアル。

世田谷代田新駅 - きむらたかし@三田用水

2017/05/20 (Sat) 23:06:08

今日、会合のため月島駅までの「乗換案内」を検索したところ、ウェブサイトのジョルダンのニュース
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1490089134201
にこんな記事があるのを見付けました。

「小田急、世田谷代田の新駅舎公開 体験して学ぶ「環境ルーム」設置」

「4月からは毎週2日、同社社員によるガイドツアーを開催。走行時の騒音を減らす「防音車輪」と従来の車輪をハンマーで叩いて音を聞き比べる体験や、駅舎の見学会を実施。運転台の模型を操作して、電車がブレーキをかけたときに発電した電気を他の電車が使用する『回生ブレーキ』の仕組みを学んでもらう。
ガイドツアーの参加は無料。24日からホームページで受け付ける。
世田谷代田駅は地上1階、地下3階。壁や天井の窓を大きくし、少ない照明で屋内が明るくなるように工夫をした。日光を採り込んで地下を照らす『光ダクト』や『回生電力エレベーター』など最新の省エネ技術を採用したほか、親子で利用できる「ファミリートイレ」を設置した。 」



Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.